雑賀光夫の徒然草

saikamituo.exblog.jp
ブログトップ

魯迅と宮沢賢治

魯迅と宮沢賢治
 サラリーマン・宮沢賢治がテレビで紹介された。これまでにない新しい視角で、それなりに面白かった。童話を何度も書き直したということも紹介されていた。そこで久しぶりに宮沢賢治詩集をとりだした。
 宮沢賢治の詩というのは、わかりにくいのである。「雨ニモマケズ」というのは、分かりやすいから、宮沢賢治という人はそんな詩を書いた人だと思ってはいけない。岩波文庫の「宮沢賢治詩集」は、谷川徹三編集のものだが、そのかなりの部分を占める「春と修羅」などという詩は、僕には全く理解できない。「雨ニモマケズ」というのは、生前に発表されたものでなく、サラリーマン賢治の鞄の中の手帳に書きつけられていたもの。それが一番有名な詩になったわけである。
 一時、「もし私が先生になったら」というのがはやったことがある。 『もし私が先生になったら』 もし 私が先生になったら 自分が 真実から目をそむけていて どうして子供たちにあしたのことを語れるか・・・。 もし私が先生になったら 自分が 未来に目をそむけていて どうして子供たちにあしたのことを語れるか・・・。 (以下・略)
   作:作者不明(宮沢賢治とされているが違う)

 宮沢賢治だったら、こんな風に語っただろうということが、誰かが詩の形式で語ったもので、大変よくできている。一時、「宮沢賢治・作」ということで流れていたが、「賢治にそんな作品はない」ということになった。その論議の時、「本当の宮沢賢治なら、こんな平明な表現はしない」という専門家の意見があったが、僕もそうだろうと思う。ただ、この偽作は、それ独自の価値を持って、先生の在り方を語っている。宮沢賢治も「勝手に名前を使ってけしからん」とは、言わないのではないだろうか。
そんなころ、谷川徹三編集の賢治詩集を手にした。教育にかかわるもので「生徒諸君によせる」という詩がある。生徒諸君の中には多くの天才がいるとして、未来のダーウィンよ、コペルニクスよ、マルクスよと呼びかける壮大なスケールの詩である。「雨ニモマケズ」の素朴・平明さは、例外的である。

d0067266_1054859.jpg 宮沢賢治の晦渋な詩と平明な童話や「雨ニモマケズ」について考えているとき、もう一人の文筆家の名前が頭をかすめた。魯迅である。最近、「魯迅評論集」(岩波文庫・竹内好)をベッドに持ち込で読んでみた。この魯迅が、分かりにくいのである。「私は人をだましたい」などという文がある。魯迅の「故郷」というのが好きだった。「故郷に帰ってきて、幼馴染に昔のように声をかける。ところが幼馴染は、『旦那さま』といって、その息子にまで頭を下げさせる。そこに作者は矛盾を感じる」という、平明な内容で、「はぐるま教材」にはいっていた。
 平明さと晦渋さをあわせもつ賢治と魯迅。そこに彼らが生きた時代の反映があるのではないかと思うのである。

 ベッドでの読書の最たる友は、夏目漱石、とくに「吾輩は猫である」である。
先日、中学校のころから読んだ文庫本がぼろぼろになったので、岩波文庫の一冊を買って、今も枕元においている。d0067266_1062826.jpg
 魯迅と漱石というと「私の読書法」(岩波新書1960年)を思い出す「「図書」に掲載されたものをまとめたものだ。高校生の時、海南高校図書室で手にした。その中で大内兵衛さんは「このごろの読書」として、「寝床で漱石と魯迅を読んでいる。魯迅はえらすぎる。」という趣旨のことを書いておられたのを記憶していた。
 改めてひもといてみると、「夜中に目が覚める。2・3時間読書することもあるが、たいていは10分間で寝てしまう」とある。「10分間で寝てしまう」だけは一緒だとうれしくなる。50年前の大内先生にちかづいたようでうれしくなる。
 
 作品に大きな違いをもつのに違和感を持ったもう一人の作家が太宰治である。「人間失格」と「走れメロス」はどうして同じ作家の作品となれたのだろうか。
ここに、その時代を生きた作者の屈折があるのではないかと思うのである・

2010年5月23日

[PR]
by saikamituo | 2010-12-14 21:18