雑賀光夫の徒然草

saikamituo.exblog.jp
ブログトップ

堀田奉文さん、やすらかに

お別れの言葉
「トト、早く元気になって」
 東浜の共産党生活相談所の七夕かざりをしたとき、孫の大雅君が短冊に託した願いもむなしく、堀田奉文さんは、永い眠りにつかれました。
 堀田さんと私は、東浜の昔の電車通りをへだてた向かい同士に育ちました。でも、一学年違いの海南一中と海南二中。お付き合いがありませんでした。
 初めて言葉を交わしたのが、お互い60歳近く、私が県会議員に挑戦して、幡川さんと一緒に東浜をまわっていたときでした。あいてかまわず「お世話になっています」と頭を下げることにしていた私に、「あんた、わしが誰か知ってるんか」という鋭い問いを発して、私をどぎまぎさせました。それが、いつの間にか、「雑賀勝手連」と自称する力づよい応援団になってくれていたのでした。
 私より先に、妻の康子が日方小学校で娘の理沙さんを担任し、亡くなった奥様とは、肝胆相照らす間柄になっていました。きびしい先生だったそうですが、お母さん方にはめっぽう評判がよかったようです。私がお会いしたとき、大雅君がおなかの中にいました。生まれてきた大雅君は、「さいかです」といって入っていく私の口真似をして、電話の受話器を持って「さいかです」といって、遊ぶようになりました。
d0067266_20262886.jpg

 堀田さんは、花が大好き。花を買ってきて大雅君が通う幼稚園や近所に植えてあげる、花配達人です。料理が上手で、おいしいものを知り合いに配る、ご馳走配達人でした。堀田さんの周りには、堀田さんを兄貴と慕い、恩人と慕う人たちがいっぱいです。仕事の面では大変厳しい人でしたが、みなさんに尽くしても見返りを求めない堀田さんに、「この人のためなら」と慕う人たちです。
 そんな堀田さんと、世のため人のために、自分の損得を省みずに尽くし、社会進歩に貢献することを持ち前としている共産党との交流が深まっていったのは当然のことでした。
 「わしは共産党とちがう。雑賀勝手連や」といいながら、生活相談所や選挙事務所においしいものを届けてくれましたね。和歌山の国重事務所にまで、激励に行っていただきました。「しんぶん赤旗」の拡大部数がたりないと泣きつくと、相談にものってくれました。
 志位委員長が和歌山にきたときです。演説会にいかれた堀田さんは、志位さんの演説をほめ、「たいしたものだ」と繰り返されたものでした。
 沖野々に医療生協が総合介護センター「げんき」を立ち上げることになりました。多くの海南市民のみなさんの力を結集したものです。堀田さんは、ひと肌もふた肌も脱がれました。「げんき」には、畑があって、土いじりができます。「げんき」という花文字が、堀田さんが花を運び、ボランティアのみなさんとの協力でできました。
d0067266_20285437.jpg

 堀田さんは、体調をくずして、4月1日に入院されました。まさかの大病です。
 ちょうど、自民党政治は、末期症状をあらわにしていました。私たち共産党は、「国民を苦しめてきた自公政権を退場させよう。新しい政権のもとで是是非非の立場で建設的野党としてがんばる共産党の議席を伸ばして下さい」と訴えていました。海南市では共産党は選挙区候補を立てないということもあって、堀田さんは、民主党の阪口直人さんに肩入れされました。粉河の事務所まで出かけていって、「もう暑くなるのにクーラーもないのは大変だ」とその手配までされたのです。病院から帰って体調がいいと、おいしいものをつくって、海南の選挙事務所に運んでおられましたね。
 自分でおいしいものを作るだけでなく、割烹みなみや紀三井寺のレストラン・デサフィナードの支援もされましたね。私たちは食事券をたくさんもらって、仲間たちと食事会をさせていただきました。入院しても、料理の意欲はおとろえず、「元気になったら、あれもつくらなあかん」と言っていたそうです。
 堀田さんの家系は、もともとはテキヤのもと締めの親分。寅さんの親分です。寅さんのような暖かさを持っています。
私的なことになりますが、私たち夫婦もけんかして、2日ほど口を利かないことがあります。そんなとき、口を利くきっかけが、「堀田さんが料理を取りに来いといってるよ」など、堀田さんにかかわることなのです。堀田さんが入院されてから、夫婦喧嘩はしないことにしました。
 堀田さんがお亡くなりになる前、亡くなった奥さんと一緒にかわいがっていた年老いた猫のミミが姿を消したそうです。奥さんを見送った後、また堀田さんまで見送るのがつらかったのかもしれません。あるいは、奥さんと一緒に天国で待っていてくれるのかもしれません。
d0067266_2033624.jpg

堀田さんは、娘婿の誠さんや娘の理沙さんの献身的な看護のかいなく旅立たれました。みなさんに花を配り、おいしいものを配り、幸せを配った堀田さん。お疲れ様でした。安らかにお休みください。

                                       二〇〇九年十二月十四日
                                               県議会議員  雑賀 光夫

[PR]
by saikamituo | 2009-12-15 20:21