雑賀光夫の徒然草

saikamituo.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

私の原点

 古いフロッピーを検索したら、和教組委員長になったとき和歌山大学におられた碓井先生と対談した原稿がでてきた。
 実際に対談はしたのだが、自分の発言に加筆する原稿を作って、つきあわせて、スペースにあわせて削って対談を仕上げた。
 ここに収録するのは、削る前の私の原稿。わたしの原点を語っているようだ。

「月報」碓井・雑賀対談 雑賀部分原稿案

雑賀 大学は経済学部でした。高校時代は海南高校でどんぐり会どいう部落問題研究会にであいまして、そこから社会のこと教育のことに目を開きました。

雑賀 和責連という高校生の責善教育をすすめる組織がありました。海南高校でその役員になったので、部落問題にふれ、ドングリ会をつくる一員になるのですが………。私が1年生のとき、県教委が「責善教育」を廃止して「人尊教育」を押しつけた。高校生のなかでもおかしいじゃないかと論議しました。そのリーダーだったのが、星林高校3年生だった、いま西牟婁におられる加藤元昭先生。私などほんとにうしろからついていく影の薄い存在でした。
その後、海南高校には東上高志先生や住井すえさんが見えて部落問題についての講演をされるのですが、当時の校長は、涙を流しながら天皇崇拝を語るような方でした。そこで、校長が反対の立場の講師を呼んで講演させる。その時の講師先生や校長を相手にしても論争するようなことにもなりました。ややはねあがった高校生でした。

雑賀 大学に入学して、部落研で子ども会活動などするんですが、勉強か子ども会かなやみました。子どもとかくれんぼしながら「こんなことに時間をつぶすより、資本論を読みたい」と思い「資本主義的生産様式が支配している社会の富は膨大な商品の蒐集として現れ、個々の商品はその要素形態をなしている」という資本論冒頭の文句をくちずさんでみた思い出があります。もともと、人や子どもと交わるのが下手な人間でしたから。

雑賀 教員になったのは、1967年。海南市立野上中学校(今の東海南中学校)がかけだしです。英語の免許が取りやすかったので英語の免許をとりましたが、受験英語しかやっていないから、英語が話せない英語教師です。教員の採用試験は、京都・大阪・和歌山の高校全部落ちまして、和歌山の中学校にだけすべりこみました。
 部落子ども会などやってきていましたから、民主的な教師になりたいという気持ちはありました。でも教師の仕事は、理念だけでできないでしょう。未熟な教師でした。英語の授業も、教えるのが下手だから騒がしくなる。子どもともうまく行かない。自分は教師に向いていないとおもって、『教師をやめたい』となやんだこともありました。
 担任しているクラスに、しょうのないのがいましてね。授業妨害する、クラブ活動のじゃまをする。そのうち、まじめな女の子が日記に『先生は優しすぎるから男の子はまじめにしないんです』と書いてきたときは焦りました。前の日から、今度騒いだら殴ろうと決めて、自分の頭を殴って、手加減を確かめました。マカレンコというソビエトの教育学者の教育実践記録(教育詩)に子どもを殴る場面があることを知っていましたから、それを読み返して、「なぐってもいいんだ」と自分に言い聞かせました。
明くる日、ニュープリンスリーダーズの教科書でその子の頭をはったかしたのを今でも覚えています。教室は、一瞬静かになりました。女の子は日記に「今日の先生はいつになく厳しかった」とほめてくれました。でもそんなことでうまく行くはずがありません。子どもたちの反抗はいっそうひどくなりました。
一学期最後の個人面談のときです。僕は、親に言いつけるつもりで、子どもの悪いことをノートに書き付けて待ちかまえていました。お父さんが来たのは、面談の最後でした。私の話を聞いたお父さんは「いろいろ迷惑かけてすみません」といったあと、家庭での子どもの様子を話し始めたのです。
 「家内が病気なので、あの子が食事の支度をしてくれます。わし、このあいだ『もっとうまいもの食わしてくれ』といったんです。そしたらあの子は『お父ちゃん、うまいものつくろと思ったら、お金かかるんや。お母ちゃん病気でお金かかるんやろ。僕もしんぼしてるんやから、お父ちゃんもしんぼしてくれ』…………」
 私は、頭をがーんとやられたような気がしました。なんと自分はこの子の本当の姿を知らなかったのかと。その話を、そのあとある研究集会で話したのですが、その私の話をすごくほめてくれたのが、なくなった岡本佳雄先生でした。
今になれば整理してきれいにはなせますが、その渦中では大変です。10数年前、和教組は「体罰はやめよう」という呼びかけをしました。その中心になったのは森畑教文部長から「雑賀書記長はこのことについて自分の意見をいわんやないか」と迫られたのを覚えています。そのとき、未熟だったころの自分を思いだし、自分が現場の教師だったらどうだろうと考え込んでいたのです。

雑賀 クラブ活動のことを話しましたが、野球部の担当をしました。オンボロチームを県大会大三位まで導いた名監督なんですよ。先日、野上町の教育長にお会いしたら、「あのころ『雑賀というやつはノックもまともにできんのに、チームは強くなるじゃないか。どんな指導をしてるのか聞いて来いよ』など担当の先生に冗談を言ったことがある」とおっしゃっていました。その教育長さんは、当時、野上中学校(野上町立)の先生だったものだから。
手の豆がつぶれて血が出たので、保健室に包帯をもらいにいって下手なノックでしごきましたよ。外野ノックは、ワンパウンドでしかとどかないが、はずれた方に打って走らせる。今でも、トスバッティングをすれば、きれいにピッチャーにワンパウンドで打ち返しますよ。

雑賀 英語を話せない英語教師ではつらいので、仏教大の通信教育で社会科の免許をとりました。
 英語のことで、もう一つ、お話ししますと、15年ほど前にヨーロッパに行ったとき、フランスのホテルでルームキーを部屋に閉じこめましてね。フロントへ行って”My kee is in the room (door)バタン. と身振りでやったら通じました。帰国して報告集会でその話をしたら、ヨーロッパの教職員組合の話などだれも覚えていてくれないのに、バタンの話は、いまでもみなさん覚えてくれています。

雑賀 社会科の免許は二年間使っただけで、1974年に海草支部の書記長になり、そのあと本部にきました。
ストライキ万能論を克服して、「ストライキをふくむ多様な戦術」といわれたころ、「私と職場の要求運動」という提起をしました。西牟婁の書記長さんの報告。「一年生の子どもの親から『土曜日のパンとミルクだけでいいから食べさせて帰らせてほしい』という要求があって、校長先生と話し合って解決した」という報告です。朝早く、山の上の家を出て、帰りはおなかをすかせてぐったりして帰ってくるというのです。その話を聞いてすごくうれしかったのです。こういう具体的な要求が職場でとりあげられているということ、さらにそういう話が本部執行委員会で報告されるのは、職場の組合員がこうした職場での活動を本部が大事にしていると思っているから、報告してくれたと思ったからです。

雑賀 私は、現場経験がすくないだけに、学校現場の話や父母の声を努めて聞くようにしています。数年前に「いじめから子どもを守るネットワーク」というのを、子ども劇場のかたと協力してつくったことがあります。「ニュース和歌山」に紹介してもらって、初対面の方々にお会いしたのが、すごく新鮮でした。そのネットワークで「学校は楽しいですか」などのアンケートを子どもから集めました。三〇〇ほど集まったのですが、小学校三年生の女の子が「楽しくない」と答え、「どうしたらいいですか」という問に「学校がなくなればいい」と書いていたのは、ショックでした。

雑賀 先日、「教育実践・運動交流集会」を開いたんですが、「子育てサークル」をしているお母さんが報告してくれました。「県教研だとか母親大会だとか、『キャンペーン期間』には先生方も参加してくださるんですが……。私などはつきあいが長いからそれでもいいと思っています。でも若いお母さんからは、厳しい意見もあります。」というお話でした。
こうしたお母さんたちが、いま、「開かれた学校」を求めている。「きのくに子どもサポートネット」などにでかけて、隅っこでお母さんたちの話を聞くようにするのですが、教育に関心を持つお母さんたちが、文部省の「開かれた学校」という言い方に幻想をもつ。「日の丸」「君が代」の押しつけをしながら「開かれた学校」などあったものじゃないんですがね。

雑賀 おなじ研究集会での、大成高校美里分校の報告もおもしろかったですね。地域にねざした学校になっている。町長さんも分校を大事にしてくださっている。
 数年前に、市町村長・教育長と対話してみようと五〇市町村中、19市町村まで1年半ほどかけて訪問したことがあるんです。「組合といえば要求書を持ってくることが多いんですが、今日は教育問題についてご意見を聞きに来ました。教育を守るために立場の違いを越えて協力したいと思うからです。教職員組合へのご意見もお聞きしたい」と切り出しましたら、ある町長さんなどは「わしら教育については素人だ。教育の専門家である先生がなぜわしらの意見を聞きたいと言うのですか」とおっしゃる。そこで「教育のことは教師や学校が一番よくわかっていると思ったら大間違いだと思っています。胸を開いて県民のみなさんのご意見を聞かなくてはならないと思うんです」と申し上げました。すると、堰を切ったように子どもと教育への思いを語り出されるのです。地域に行けば、子どもは宝物です。保守も革新もありません。
いま、こうした立場で「開かれた学校」を作らなくてはなりませんね。それは、民間人を校長に登用したり、文部省流の「学校評議員」をおかなくてはできないことでもない。「学校評議員」についていえば、PTAを軸にして幅広い地域の人々、さらに子どもの声も学校運営に反映できるような「開かれた学校」づくりをすすめなくてはならないと思っています。

雑賀 おなじ研究会で、伊都の先生の障害児教育の報告を聞かせていただきました。情緒障害の子なんです。卒業式のような時でも舞台にかけあがったりする。お母さんは「卒業式は休ませようか」と悩まれる。でも、「舞台に駆け上がる」というのも「発達段階」なのですね。なにもできなかった段階から、自分を抑制できないが表現できる段階へ、さらに自分を抑制できる段階へ発達するステップだという捉え方をして、子どもの発達を、口答詩などでつかんでいく実践でした。
こんなすばらしい実践をきくと、私は、いつも同じ質問をするのです。「教師というのは、免許状をもって採用試験に合格したら一人前というわけではないと思います。先生は、子どもを見る目や感性を、どこで養われたのですか?」と。未熟だった、しかも子どもや人と交わるのが上手でない自分と重ね合わせて質問するのです。この先生は、サークルが自分を育てたとおっしゃいましたね。

雑賀 私は、あまり遊びをしらない人間で、趣味は読書と囲碁ぐらいかな。囲碁の師匠は、この民研の楠本先生。「囲碁には囲碁の独自の法則があるから、勉強しなくては強くならない」としかられています。
読書も晩生でしてね、文学少年という時代を経ず、二〇才に近くなってから日本文学も世界文学も読み始めた。「戦争と平和」も「アンナ・カレーニナ」も「レ・ミゼラブル」も読んだのは教師になってからですね。先に経済学や哲学などの古典にふれて、社会科学の古典家たちは、こんなに文学的教養があったのかと読み出したようなわけです。最近、ゲーテの「ファウスト」がおもしろくて何度も読み返したり。ごく最近読んで強烈だったのは、山崎豊子さんの「沈まぬ太陽」でした。
日本の作家では、松本清張も田辺聖子も藤沢修平も内田康夫もなんでも読みますけど、繰り返し読むのは夏目漱石ですね。「我が輩は猫である」は、本がすり切れるほど開いたところを読みました。どこでも開いたところを読むのがおもしろいという本の読み方の話が「草枕」にでてきますね。
なぜ漱石が好きかと考えてみると、「漱石文化」という言葉があるんですね。戸坂潤という戦前、官憲にとらわれ獄死した哲学者が使った言葉なんです。「岩波文化」とも「教養主義」ともいう。いい意味にも悪い意味にもとれますが。労働組合の役員をしながら、そういうものにあこがれるところがある。昔、子ども会でかくれんぼしながら資本論をくちずさんだところに自分の原風景があるような気がしています。
 人にすすめたい本を1冊だけと言われれば、吉野源三郎の「君たちはどう生きるか」(岩波文庫)をあげます。以前は、国語の教科書に出てきたのですが、最近は、でてこないのではないでしょうか。
1937年にかかれた本で「日本少国民文庫」の一冊だったそうです。満州事変から太平洋戦争へというあの暗い時代に、「せめて子どもにだけはいいものを」という思いから、「路傍の石」の作家・山本有三が中心になって編纂した文庫なんですね。山本有三が体をこわしたため、編集を手伝っていた若き吉野源三郎が代理で書いたというものですが、書物ができたいきさつもふくめて、すごく感動します。道徳教育の教材として読み聞かせに使っている先生もおられるのではないでしょうか。「日の丸」「君が代」の押しつけでやりきれない気持ちになったとき読み返してみると、「日の丸」「君が代」の押しつけにやっきになっている人たちが哀れにみえてくる。

雑賀 最近は、インターネットに、はまっています。和歌山大学と碓井先生のホームページもよく見に行きますが、自分でもホームページをつくっています。自分が書いてどこかに載せた文、発表する当てのない文を全部入れています。そしたら、東京の私立大学のフランス唯物論研究者がメールをくれましてね。「あなたのホームページはおもしろい。パスカルやディドロとくらべて、今の哲学はどうだろうと思ってるんだが、あなたのホームページには時代に応える力がある」というような、過分のことばをいただきました。もう一人、大企業の管理職を退職した方とも知り合いになって、三人で毎日のようにメールの交換をしています。

雑賀 学校現場が大変なとき、しかも政治も教育も大きな曲がり角に来た時期に大任を引き受けてしまいました。前任者の阪中先生が10年間委員長をつづけられた後だけに、すぐにそんな具合にはいきませんが、組合員や役員のみなさんに助けていただいて、乗り切っていきたいと思います。

[PR]
by saikamituo | 2007-09-30 00:09

万葉集によせて

万葉集によせて

                (一)

先日、柄にもなく李白などを読んで、宮中のおかかえ詩人である唐の詩人が反戦・厭戦の詩を書くことに興味を持ったということを書いたことがある。
「唐の詩人が………である」と論じることは、その反面で、たとえば「日本の詩人は………でない」ということを意識している。実は、私もそうであった。私の頭の中の「宮中詩人・文学者」といえば、「百人一首」と「枕の草紙」と「源氏物語」の一部分ぐらいしかない。その私は、またもここに不学を恥じることになったのである。
数年前、父・紀光を見送ったおり、丁重な毛筆のお便りをいただいた。「犬養孝」とある。いつか、公害問題の汐見文隆先生が、「犬養先生というような偉い先生が来てくれたのに和歌山県知事は会おうとしなかった。不見識だ」と憤慨しておられたことがあったような気がした。その万葉研究家の犬養先生だということに気がついた。
その後、橋本市が、万葉の歌をたずねて歩く企画をした。その企画には、生前の父・紀光が参画していたというか、言い出しべえの一人だったらしい。父のやりかけたことなど関係ないのだが、橋本市の担当の方が、わざわざお参りに来られ、ぜひ参加をとおすすめいただいたものだから、家族サービスもかねて出かけたのだった。
出かけてみると、和歌山線の中から「和歌浦を考える会」の顔見知りのみなさんとご一緒するなど楽しい一日になった。犬養先生は、高齢のため車椅子でのご参加だったが、歌碑の説明をされ、「いっしょに詠おう」と朗々と歌に節をつけて詠われた。「歩きながらの説明で、「万葉の遺跡は心の文化財です。大事にのこさなくてはなりません。和歌山の知事さんも、和歌山市長さんも開発に熱心なので心配です」という意味のことを言われた。知事選挙前のことである。
途中で、私は、車椅子に近づいて名詞を出して「紀光の息子です」と生前のお礼を申し上げた。

  (二)

父の遺品を整理していたら、犬養先生の万葉解説のテープがあった。それを今、カーステレオでくり返しきいている。その結果、不学を恥じることとなったのである。
私は、万葉集を全く知らないわけではない。高校の国語でならったくらいのことは知っている。東国の農民が防人にかり出されるのを妻が「わが背」と呼んで送り出す歌があった。和教組の婦人部長をしていただいた西川先生のことを、私は、「万葉の女性」と勝手に名づけて悦に入っていた。戦時中、出陣学徒の何人かが万葉集を限りある荷物の中に加えたということも読んだことがある。
しかし、犬養先生のテープは、そんな程度でなく、万葉集に私を引き込むことになった。

信濃なる 筑摩の川の さざれしも
    君しふみてば 玉とひろわん
さ桧の隈 桧の隈川の 瀬を早み
君が手とらば 言寄せんかも

というような乙女の恋の歌の新鮮さにはじめてふれた。

犬養先生は、「玉とひろわん」の歌を、「人がふれることによって、魂がうつると考える心の厚み」と解説される。そこで、話に出されるのは、先生が朝のテレビでたまたま見たという、特攻で息子を死なせた老夫婦が鹿児島(知覧であろう)に旅行し、特攻の碑の所で拾ってきた一つの石ころを老夫婦がどんな思いで大事にしているかという話である。
唐詩にもとめなくても、古代日本の詩歌に、民衆の心が生きていたことをはじめて知ったのだった。いま、何回も何回も同じテープをきいている。

         (三)

和歌山の歌をいくつか紹介しておこう。だれでも知っているのは次ぎの二首
和歌の浦に 汐満ちくれば 片男波
 あしべをさして たづなきわたる
     山辺赤人
旅にあれば けにもる飯を 草枕
    旅にしあれば 椎の葉に盛る
     有馬皇子

 これなら、ぼくでも知っていた。初めて知ったのは

 玉津島 見れども飽きず いかにして
     つつみていかん 見ぬ人のため

大和の人たちにとって、和歌浦の海を見ることは大きな感動であったのである。この海の美しさを、孫や曾孫にも、万葉の人たちの感動を微かにでも追体験できるほどには残したいと思った。

一九九六、七、二一に書いたものを少しだけ手を入れた
                                       雑賀光夫
[PR]
by saikamituo | 2007-09-29 00:08

地域から財界戦略への対抗軸を(岡田講演まとめ)

地域から財界戦略への対抗軸を
県自治研総会・岡田知弘先生の講演から

はじめに

 5月20日、県民文化会館で、和歌山県地域自治体問題研究所定期総会が開かれ、自治体問題研究所理事長・京都大学大学院教授・岡田知弘氏による記念講演「憲法・くらしと地方自治のゆくえ」が行われました。この記念講演を、「感想を含めて2800字にまとめよ」というのが、自治研事務局・武内まゆみさんの注文です。議員をおやめになってからも献身的に自治研の事務局を支えておられる武内さんには、深く敬意を抱いている関係で、手に余る仕事もお引き受けしないわけにはいかない。
 岡田先生は、「三年前には、市町村合併問題で、紀の川筋によくこさせてもらいました。」と切り出された。「その後、憲法問題が大変なところにきています。」
 そして、こんな大変な時代だから「地域からモノを見ることの重要性」を第一に強調される。「地域」とは、人間が生活する場である。人間が、安全・安心で生きていけるのかどうか、ここにしっかりと視点を据える必要がある。
 一方、資本主義の経済活動は、地球規模にグローバル化している。地域を顧みず地域産業空洞化もひきおこす。「グローバル経済」にたいして、私たちが作り上げる対抗軸は、地域の足下から、国を自治体を再生させることである。
 
財界がすすめるグローバル国家と地域経済の衰退

 「地域経済の後退」は深刻である。岡田先生は、1980年代以降の人口の減少・農林・水産・製造業の後退、就業の不安定化と格差拡大など、資料によって明らかにする。そしてその原因を「二重の国際化」と指摘する。第一に、海外への直接投資の急増で地方に分散していた工場が撤退した。直接投資の利益は、本社がある東京に集中する。第二に、農産物など輸入促進策で、農業・地場産業が衰退する。日本の食料自給率は28%になり、環境や災害問題をふくめて「危うい投資国家ニッポン」になっている。
 財界がすすめてきた「グローバル国家論」というものは、どういうものだったのか。1996年の「経団連ビジョン」は、橋本行革ビジョンに組み込まれ「多国籍企業に選んでもらえる国づくり、地域づくり」をすすめた。2003年の日本経団連ビジョン「活力と魅力あふれる日本をめざして」は、「メイド・イン・ジャパンからメイド・バイ・ジャパン」を打ち出した。
 内外企業が自由な活動できる環境整備、規制緩和・技術革新への支援・インフラ整備・法人税率ひきさげなどである。

矛盾の拡大から生まれた住民自治の発展

 多国籍企業の自由な活動を優先する政策は、一方では憲法改悪に収斂し、他方では住民の基本的人権とくらしを直撃せざるをえない。その矛盾がいま拡大している。JR尼崎事故、耐震強度偽装事件、ホリエモン事件、大企業と中小企業の収益格差、東京都地方の格差、ワーキングプア、社会的犯罪の増加、等々。
 その矛盾が集中的に現れるのが住民の生活領域としての地域である。この地域にある3232の自治体を1000に集約しようとした市町村合併は、政府・財界のもくろみ通りにはすすまなかった。目標達成率は、63%にとどまっている。昭和の大合併は達成率が98%であったのと対照的である。
 その中から戦後地方政治の歴史を画する住民自治が発展しつつある。住民投票条例制定で合併の可否を問う住民投票(400近い市町村)、「小さくても元気な自治体」フォーラムにみられる首長と研究者のネットワーク。ちいさい自治体でも、さまざまな努力がされている。
 長野県の栄村はその一つである。村づくりの基本は、大型公共事業に頼るのではなく、できるだけ「地域内経済循環」をめざして、「田直し事業」「下水道整備事業」などすすめている。
 「PPK(ピンピンコロリン)」というのは何のことかと思ったら、在宅医療・在宅介護を基本に、お年寄りは元気に生きていただいて、死ぬときには「コロリン」といく。できるだけ、「寝たきり老人をつくらない」という考えだろう。私も60才を過ぎて老後を考えると「PPK」でいきたいと思う。
 「下駄履きヘルパー」というのがある。2600人の村民のうち、160人がヘルパーの資格をもっているという。また栄村では、1970年代末に、雪崩で人身事故があったそうだ。そこで、建設業関係者を、雪の時期に特別公務員にして、お年寄り家屋の雪下ろしをしている。その後、人身事故は起こっていないという。
 岩手県・紫波町での地元の木材で小学校を建て、木材ペレット・ストーブを開発して、石油に頼らないことを目指している。じつは、この紫波町には、昨年、日本共産党和歌山県議団で、東北視察したおり、立ち寄って、木造の保育園や小学校におじゃましたのであった。
 「2007年問題」といわれる団塊の世代が退職する時期になった。有能な人材が、地方に帰ってくる。地域作りの大きな輪をつくるチャンスである。


「夕張みたいになったら、どないするんな」

岡田先生の講演のあと、いくつかの報告があり、その一つ「合併後の自治体の現状」として自治労連の根来書記長が「夕張みたいになったら、どないするんな」といわれると労働組合も住民も萎縮するという報告をされた。このことに、岡田先生がふれられたことを少し紹介しておきたい。
 「“第二の夕張になる。だから合併しかない“という言い方はよくあります。しかし、夕張の問題というのは少し特殊です。1980年代に、『前川レポート』というのがだされて、日本がアメリカからの輸入促進をさせられたとき、石炭の輸入促進もありました。政策閉山で、2000年には、炭坑はゼロになりました。閉山交付金というのがだされましたが、人口は10分の1に減りました。夕張市は、そのうえ、市長が独断でヤミの借金をした。政府の側は、北海道で市町村合併が進まないので、夕張をやり玉にあげたということもある。夕張では、いろいろ特殊な条件が重なったのです。
 ただ、財政の健全運営がなされているかどうかを公開するという問題は、夕張だけでなく、普遍的な問題ですね」

未来を胸にするものは青年

 岡田先生は最後に「植木枝盛『無天雑録』」を紹介された。
「人民は国家を造るの主人にして国家は人民に作られし器械なり」…「植木枝盛が言ったことが、いまでは常識になっている。正しいことは、いつか多数派になる。」と岡田先生。
「未来が其の胸中に在る者之を青年と云ふ 過去が真の胸中に在る者之を老年と云ふ」…「今日もこの会場にいらっしゃる真田寿雄さん(県自治研顧問)のような方は、青年なんですよ」とも。
 さいごに、「地域破壊がすすみ、同時に、地域での共同の輪がひろがっている。憲法問題が重大な局面になっている。ここでたたかわれる参議院選挙は、後世の人から見て、歴史の分岐点といわれるかもしれません」という言葉で、身が引き締まったのだった。
[PR]
by saikamituo | 2007-09-22 23:37