雑賀光夫の徒然草

saikamituo.exblog.jp
ブログトップ

月報100号によせて

月報一〇〇号記念によせて


 和教組書記局の私のポストに、「月報一〇〇」を入れてくれていた。例によって裏返して「一人一話」から。世古淳二さんが、考えさせてくれるエセーを書いてくれている。問題をとらえる目の確かさを感じながら表を引っ繰り返した。「月報一〇〇号記念」となって、山田昇先生が寄稿してくれている。読まずばなるまいと、山田、楠本、岩尾先生の苦労話を読んだ。
 山田先生が書いている「青表紙」(実際は黄緑表紙・国民教育運動特別分科会報告書)、若い先生は知っているだろうか、一九六〇年代のなかば、御坊小学校の「学年新聞大地」の実践(「青表紙」には、「この実践を『大地の実践ということに矮小化してうけとめてはいけない』という趣旨の総括をしている)、北条先生(県会議員だった北条先生の兄さん)などの上富田中学校の「モンチを高校に行かせる会」などの実践、そして私も参加した市立野上中学校の実践など分析されている。時の教文部長は、岡本デンスケ先生であったことも書き添えておいたほうがよかろう。暇のある人は、一九八七年の和教組定期大会議案が「たたかいの経過と総括」の「はじめに」の部分で、この時期の教育運動の評価にきわめて簡潔にではあるがふれているので見ておいてほしい。
 山田先生がふれている「青表紙」が「途中でしばらく休んでしまった」のち、やや性格を変えて「和歌山の教育運動・教育実践」として登場するのは、一九七八年である。実は、一九八七年度(八八年三月)の「特別分科会」で和教組書記次長であったわたしは、飛びいり発言をしていまる。(その発言原稿を、一九八四年の「月報・三七号」に載せていただいる。わたしは、教育研究活動の発展のためには「組織教研・自主的な教育サークル・底あげの教育基礎講座・もっとも幅広い学校での民主的な現職教育」の「四つの研究組織論」を唱えたのだが、あわせてその「総路線」のまとめの場としての「国民教育運動特別分科会」の意義と「青表紙」復活を訴えたのだった。その時、山田先生が、研究集会の「まとめ」の中で、「青表紙復活」を「公約」してくれた。復活した「報告書」に「不満を感じていた人たちもいるにちがいない」と山田先生が書いておられる。実は、私は不満を感じ、「昔みたいな青表紙を」といいつづけてきた一人なのです。(ノスタルジアだろうか、しかし、碓井先生が中心になって、私の願いをかなえてくれそうだといううわさも聞く。)
 楠本先生が、「合宿の夜が『月報』誕生の場」と書いている。あまりお酒を飲まない楠本先生は、夜中まで飲みながら語り合うということはせず、賢く寝てしまったのだが、わたしは山田先生が好きなビールにつきあっていた。「原稿が集まらないのなら、私が書いて埋めます。」山田先生の、この一言が、「月報」発行に踏み切らしたカウンターパンチだった。
 楠本先生は、真面目な完全主義者である。いいかげんなやっつけ仕事は、できない性格である。購読者をつのってお金を集めているのに発行がおくれるので書記長のわたしは焦った。「中身など多少不十分でもいいから、毎月発行できるようにしてほしい。教研集会のレポートを順番にのせても格好はつくじゃないか」楠本先生は、ガンとして聞かない。研究者と運動家の違いだろうか。結局、一九八二年が空白になっているが、一年間発行がとまったのでなく、発行がおくれてズレこんできたものを調整し、一年間空白にし、購読料も損をさせないようにしたのである。
 教育研究所事務局長・楠本先生と岩尾先生とのつなぎの時期、わたしがやっつけ仕事で誤魔化した号がありる。「三四号」の湯浅教育調査特集、「三五号」の若い先生におくる教育の手がかり、「三六号」の風の子共同保育所のとりくみなど。わたしのやっつけ仕事にもかかわらず素材の立派さで救われている。「教育の手がかり」は、「和教時報」に白井春樹先生が集めた「三人の先生は語る」という特集を転載したもの。教育実践家の白井先生は、和教組常任になり情宣を担当すると、「和教時報」の紙面の半分を教育実践の紹介で埋めてしまった。書記長のわたしは、それにクレームをつけ「紙面のバランスを考えろ。組合の機関紙というのは、駅弁みたいにすこしづついろんな分野のことが書かれていなくてはならないんだ」といったのですが、白井先生が集めてくれた教育実践はすてきなものでした。その次の号も、白井先生夫妻が全国教研に参加するのに作ったレポートをそのまま載せさせてもらいました。
 「五五号」の「四つのテーブルのシンフォニー」も、わたしの請負作品です。「光協会」(森永ヒソミルク被害者救済組織)の二〇周年集会に参加して感激してしまったわたしは、そこで発言した人たちをつかまえて、「今日の発言を文章にしてくれ。」とたのんでまわったのです。そして岩尾先生におねがいして作らせてもらったのがこの特集です。
 教育研究所の「月報」に、和教組書記長がこんなに口出しすることは良くありません。「月報」が軌道にのる過渡期だったから許されるでしょうか。教師の仕事をまともにできないまま組合専従になってしまったわたしにとっては、こんなかたちで教育にかかわることができたのは幸せなことでした。
(月報一〇〇号を手にした日に書いたもの・後になってワープロのフロッピー   を整理していたら出てきたので多少手直し・和教組副委員長・雑賀光夫)



[PR]
by saikamituo | 2017-03-21 18:34